お歳暮ギフト 【ラッピング化粧箱付】 卯年 紅白迎春限定ラベル 2本セット

set_0119

通常のお値段 ¥5,500
/
表示価格は消費税(10%)が含まれています。

しずく会員になると5%OFFで購入できてお得です(¥5,225)


在庫残り-2個

特別な贈り物に、2023年の干支「卯年」をモチーフにした限定セットです。紅白の華やかな迎春ラベルは、年末年始の食卓、お歳暮ギフトにもおすすめです。

お届け内容

  1. KAMOGATA 純米大吟醸 迎春ラベル(720ml)× 1【通常非売品】

  2. KUNISAKI 純米 迎春ラベル(720ml)× 1【通常非売品】

 

★化粧箱とラッピングを無料でお付けいたします。写真2枚目をご参照ください。ラッピングが不要な場合は、備考欄にご記入ください。

★クール便送料950円を頂戴いたします。5,900円(税込)以上のご注文で送料無料でお届けいたします。

期間限定

お正月の食卓を彩る、
迎春ボトル

お正月に合わせて、毎年人気の「迎春限定ボトル」が今年も登場。

フルーティな味わいが人気の「KAMOGATA 純米大吟醸」と、おせち料理やすき焼きに合う芳醇な「KUNISAKI 純米」。

華やかな席にピッタリの味わいです。

お届けするお酒① |
KAMOGATA 純米大吟醸 迎春ラベル

米おたくが挑む、
幸せのトロみ。

華やかでふくよかな印象。黄桃やマスカットを思わせるフルーティな香り、山田錦由来の芳醇な旨みを感じます。優しい口当たりで、最後まで優しい余韻に包まれます。満足感のある旨みは、塩味のある食事と合わせるのがおすすめ。レモンを搾った牡蠣とのマリアージュは絶品。【500本限定・2023年の干支「卯」をモチーフにした迎春ラベルでお届けします】

  • 味わい : 芳醇・中口
  • 香り: 白桃、メロン
  • 印象 : リッチ、完熟、マスカット

お届けするお酒② |
KUNISAKI 純米 迎春ラベル

刺身を引き立てる、
芳醇な旨味とキレ。

炊きたてのお米や若草のグリーンの香り。香りは控えめで、優しくも輪郭のはっきりとした甘みと旨み、序盤から一定の酸を感じ、後半の爽快感に繋がります。サバやアジ、フグの刺身、スッキリとした酸は中華料理ともよく合います。燗酒もおすすめです。【500本限定・2023年の干支「卯」をモチーフにした迎春ラベルでお届けします】

  • 味わい : 芳醇・甘口
  • 香り: 蜂蜜、バナナ、炊いた米
  • 印象 : スパイシー、ミディアムボディ、旨み
KUNISAKI
    純米 2022 無濾過生原酒

ギフトご利用のお声

「ギフト」

年末年始、特別なギフトに。

ギフトにご利用いただくことが多く、事後アンケートでも大変高い満足度評価をいただいています。

「2年前からリピート。日本酒好きの方へのギフトに毎回利用しています。」「他であまり見ない日本酒なので、父親が毎回喜んでくれます。」「同封の飲み方の説明書が丁寧で、飲む際に参考になる。」

Customer Comments |
お客様のお声

「好みの味。味がとても濃縮されていて、一口目で驚いた。」
(60代男性)

「食事に合わせやすい辛口。お酒だけでも美味しく飲める。」
(50代男性)

「飲み口がまったりと優しく、色々な料理に合わせやすそうでした。」
(40代女性)

「刺身によく合う。チーズのようなおつまみもおいしく頂けました。」
(50代男性)

Origin |
産地のご紹介

岡山 鴨方 KAMOGATA

日本屈指の晴天率を誇り、世界的な星空の観測地として知られています。蔵の後ろにそびえたつ竹林寺山には、東アジア最大の天文台があり、丘を登ると瀬戸内海が一望できます。

東アジア最大の国立天文台。

1/5

丘に登ると、瀬戸内海が一望できる。

2/5

浅口市を代表する特産品、寄島の牡蠣。牡蠣小屋が並ぶ。

3/5

瀬戸内海の海の幸も豊富。

4/5

うどんは鴨方の隠れ名物。モチモチとした食感とコシのある麺が特徴。

5/5

Partners |
生産・醸造パートナー

米生産者 戸田 敦詞

1986年に入社して以来、丸本酒造の農業を担います。当時は近所の田んぼを耕作する程度だったため、隣町の田んぼまで耕すことになるとは思ってもみなかったそう。趣味は落語で、大会に出るためにアフターファイブでこっそり練習中。

醸造責任者 丸本 仁一郎

大学は理系で学び、その見識の深さをいかし、日本酒に最適な酒米作りを続けています。また、自ら電子回路を設計した酒造り機械を数多く開発。夜中に温度管理する「夜勤君」、均一に麹を振る「ぱふぱふ君」は、一見の価値あり。

パートナー酒蔵 丸本酒造

約30年前に既存のルールから脱却し、当時どの蔵もやっていなかった酒米作りを開始。オーガニック認証の3大スタンダードを日本で最初に取得。酒米作りから自社で行う、日本で数少ないドメーヌ酒蔵です。

Origin |
産地のご紹介

大分 国東 KUNISAKI

国東は「世界農業遺産」の豊かな自然に恵まれ、関サバ、関アジ、ふぐなど、海に囲まれた半島ならではの豊富で新鮮な魚介類は、昔から酒の肴として重宝がられました。

神仏習合の独自の文化が根付き、国東半島を巡ると、寺院、仏像、磨崖仏など至る所で出会うことができる。

1/5

大分国東は「世界農業遺産」に認定されています。酒米を作る田んぼは、両子山から流れる新鮮な水のおかげで、暑い夏でも朝晩は肌寒いほど。

2/5

萱島酒造のシンボル、高くそびえる六角形の煙突。昔は、石炭と重油を燃やし、和釜で蒸米を炊いていた。

3/5

地元の豊後水道で水揚げされる「関サバ」と「関あじ」。流れの速い海域で獲れる白身は、脂はなくむしろ身が締まっている。

4/5

甘醤油の味付けに合う、甘みのあるお酒。食事の邪魔をせず、ついつい飲み進めてしまう味わいを目指す。

5/5

Partners |
生産・醸造パートナー

米生産者 岡 泰弘

国東の地で農業の担い手が減る中、地域に恩返しをしたいと、萱島酒造の蔵人から農家へ転身。萱島社長からは「岡の米なら全部買っちゃる」と激励の言葉を受け、今では大分県の酒米の約3分の1を占める量を岡さんが担っています。

醸造責任者 田原 雄二

20年以上前から地元少年野球チームの指導者を続け、女子野球チームのコーチとして日本一も経験。酒造りも野球の指導も、技術はもとより、その過程や毎日の努力を大切にしたいと話します。

パートナー酒蔵 萱島酒造

明治40年の「第一回新酒品評会」で一等入賞、昭和38年に日本で初めて「大吟醸酒」を市販したことでも知られる老舗蔵。西の横綱「西の関」の愛称で知られ、「九州型日本酒」のブレない甘みを追求しています。


最近見た商品